専門学校に行こOh!|和食洋食にパティシエも目指せる!

パティシエ

経験値がとにかく大切

お菓子

お菓子やケーキが大好きであるために、パティシエを目指す人がいます。パティシエは一般的な調理師専門学校で学ぶことができ、日本には数多くの人達が専門学校に通っているのです。そんなパティシエという仕事は、和食や洋食などを作る料理人とは大きく違う部分があります。それは資格が必要ないという部分です。本来であれば、調理師免許というものが必要になってきますが、パティシエは調理師免許が無くても働くことができます。そのため、経験値と技術料が必要になってきます。専門学校ではパティシエになるための専門的な知識が得られるだけではありまません。衛生面に関することも学べますし、独立を目指す生徒のためにお店を開業するための支援も行なっています。開業は難しいことであり、分からないことが多くでてくるので、専門学校でその知識が得られるのはとてもありがたいシステムです。

調理師になるためには経験が必要です。そのため、早いうちから料理の仕事に携わり、独学で料理を学んでいる人もいます。しかし、調理師になるためには、基礎的な知識や、衛生面に関する知識を学ぶことも大切です。そのため、専門学校に通う人が多くいるのです。

専門学校は数多くありますが、ジャンルによって学科などが分かれている専門学校もあれば、様々なジャンルをまとめて学ぶことができるジャンルもあります。自分がまだどの料理ジャンルに進むか決まっていなければ、専門学校に在学している間に決めることもできます。

イチオシリンク集

  • レコールバンタン・キャリアカレッジ

    パン教室に通ってみませんか?自分の趣味をしっかりと学ぶことで高い技術を取得することができちゃいますよ。
  • レコールバンタン・キャリアカレッジ

    調理の専門学校に通って料理について学んでみよう。色んな学科があるので、目標に合わせて選んでおくことができますよ。

学校に通うメリット

お菓子

調理師専門学校に行くことで、実務経験がなくても調理師免許を取得できます。また、そこで教えてくれる教師たちは、過去に調理師としての実務経験があった人や、お店などを持っている人達なのです。

詳しくはコチラ

目的が決まっていなくても

女性

料理人になる上で、自分が歩みたいジャンルが決まっていなくても、専門学校に通いながら決めれば良いのです。調理師専門学校では様々なジャンルを手広くしっかり教えてくれます。

詳しくはコチラ

カリキュラムで選ぶ

お菓子

バリスタとしての知識を学び、ライセンスを取得することができる専門学校があります。そこでは夜間に通うことが出来る学校もありますし、実技の授業を多くしている学校もあります。

詳しくはコチラ