専門学校に行こOh!|和食洋食にパティシエも目指せる!

パティシエ

カリキュラムで選ぶ

お菓子

料理に関する職に就きたいと考えた際に、包丁を持つ料理人としてではなく、ドリンクを専門とする料理人になることもできます。それはバリスタと言った仕事です。バリスタとは、簡単に説明をすると美味しいコーヒーを入れることができる人のことを言います。コーヒーショップやカフェなどで働くことができ、一般の人が理解していないコーヒーの旨味をしっかり引き出すことができる特殊な職業です。そんなバリスタも、専門的な知識や経験を必要とするため、しっかりと勉強を行うことが大切になってきます。そこで、バリスタになるために専門学校に通う人がいます。

バリスタは、バリスタになるためのライセンスというものを取得しなければなりません。バリスタのライセンスは専門学校に通うことで取得できるのです。もちろん、専門学校に通わずとも取得することはできます。しかし、専門学校ではバリスタに関する実務経験を多く体感する事ができますし、それに伴う様々な知識を学ぶことができます。

バリスタの専門学校は、夜間似通うことが出来る学校もあります。資格を取得したいと考える人の中には、日々の仕事やなどが忙しく、学校に通うことができないという場合もあります。しかし、夜間の学校なら、朝から昼間で働くことができますし、自分の生活のペースを保ったまま無理せず学ぶことができます。

専門学校はいくつもありますが、学校毎にカリキュラムが変わってくるので、自分が学びやすいと思える専門学校を選ぶ必要があります。例えば、専門学校の中にはほとんど実技を行うことに特化した学校もあります。質疑に特化しているということは、実際にコーヒーを入れるという経験を多く学ぶことができます。バリスタとして働く上では経験が絶対に必要になります。そのため、実技が多い専門学校は人気があるのです。